Android 9(Pie)有料期間 満了日決定のお知らせ

おしらせ


このカテゴリーでは日本で最高性能となるICカードビューアーアプリ「ICカードこれひとつ

数多ある同種の無料アプリでは物足りないと感じる「一歩先を知る人のための通なアプリ」を目指し、究極の二番煎じアプリとして誕生して以降、鋭意開発を続けてまいりました。結果、今では弊社が世界に誇る絶対の自信作となっております。

前年末、Android 9(Pie)という厄災に被災し、このアプリも残念な出費を強いられました。
そこでAndroid 9(Pie)対応に要した費用の回収のため1年間をめどとして有料化をしているところですが、検討の結果、この期間を半年間、すなわち今年6月後半リリース版までにすることを決定しました。
以降は、Android 9(Pie)でも8.1までと同等(一部制限付き)の無料試用モードが利用できます。

※弊社調べ


経緯


残念ながら現状の収入レベルでは、6月後半まで維持しても投入した費用を回収できる見込みがありません。
現状の収入レベルでは、年末まで維持すれば何とかAndroid 9(Pie)対応代は回収できそうという状況ではありますが、そもそもこのアプリの採算レベルと比較すると収益の桁が異なっております。
このまま有料を維持してもアプリ自体を維持できる収益見込みが全くないため、やむを得ず無料開放を決定しました。

時代を先取りし過ぎたこのアプリは「分かる人には分かる」アプリではあるのですが、多くのユーザーにその点のご理解がいただけていないのが現状であり、いろいろと「早すぎた」ものと判断しています。今以上にしつこく説明を表示していくなど、ユーザーへの啓蒙による意識改革などを含めて、次の策を取らざるを得ないと考えているところです。


半年とした理由


有料化期間を半年間の6月後半としたのは、元々半年後に価格の見直しを実施するとしていたこと、および半年単位で急行券を購入していただいた方への裏切りとならないようにするためです。

急行券で提供されるこのアプリの全機能は、お代を頂戴しても決して恥ずかしくないものと自負はしております。ですが私たちは、Pie対応のみの代金として急行券を購入された方がいることも承知しております。
弊社は、弊社サービスに正当な対価を支払ってくださるお客様に僅かでも残念と思われたくないと考えているため、この決定を3ヶ月前に決定し、発表することとしました。
弊社は、これを契機として急行券サービスを体感してくださったユーザーの皆様に、今後も継続して急行券を利用いただけるよう、サービス向上に努めていく所存です。


Android 9(Pie)特別試用モード


有料化期間の議論中、その「先」についても色々な検討が進められました。
まずはGoogle社のAdMobのリワード広告(動画広告)を用いた試験を「Android 9(Pie)特別試用モード」と銘打って試すことにしました。
どの程度の収益が得られるのかが不明だったので試してみたかったことと、その収益レベルでアプリは無料維持できるのかどうか検証したかったことが主な理由です。

そもそもPieでは有料のアプリなのですから対価を払わないと使えないのは当然で、急行券を購入しなければ何も動きません。その状況から、リワード広告を何度も何度も何度も何度も、飽きるほど見ていただくと僅かばかりの時間アプリを利用できるという仕様に変更をしてテストを試みています。
AdMobのリワード広告は1回あたり6〜60秒あるそうで、それを1回みるごとに1コインが与えられます。まずは4コインでアプリが1回使える、という仕様でテストを開始しました。

このテストは、バランス調整の難しさがあります。「このくらいで見られるなら無料のままでいいや」では困るのです。一方、「見なければならない広告回数が多すぎる」でも困るのです。そこでギリギリの線で4回に決まりました。

その状況で実際にしばらく運用しました。これを書いている現時点では、リワード広告の表示回数(コイン1枚進呈)に対する見積もり収益額は約2円という知見が得られました。
広告のクリック率は0.82%で、もう少しクリック率が高まれば1コインあたりもう1円程度の収入増になるのでしょうが、クリック率は充分とは言えない状況のようです。

2円×4回=8円となりますが、この収入レベルでいつまでも機能を提供することは無理でしょう。
しかしこれ以上回数を増やすことも難しいので、リワード広告だけでアプリを維持するのは、現状では不可能と結論付けられました。


広告てんこ盛りのテストは継続します


現在の「Android 9(Pie)特別試用モード」では、間違いなく邪魔くさい、先頭に広告だけが表示される「広告タブ」が1枚追加されています。
一度は考えても、畏れ多くてとても普通には追加できない大それたタブだったのですが、テストということでついに禁断のタブが登場したわけです。

ここに、スクロールしないと見えない広告もあるようにとバナー広告を5枚貼り、どの広告が見られ、タップされているかを毎日確認しました。しかしこのバナー広告の収益は微々たるものです。スクロールしないと出ない広告は特に収益率が低く、要するに単に表示するだけでは宣伝効果は乏しいということになります。
せっかく追加したタブをこのまま放置してももったいないので、Pieでの無料試用者のみを対象に、年内はこの最初のタブを仕様変更して幾つかの実験を継続することを考えています。

せっかく作ったコインシステムを維持するため、この最初のタブを広告も表示される「コイン」タブにします。
そして現在と同様にリワード広告を飽きるほど見てもらってコインを集めてもらい、そのコインを使ってプレミアム機能の一部を購入し、時間制限または回数制限で利用する、お買い物機能の追加を考えております。
1コイン2円なわけですから、例えば10円と設定した場合は5コインで「販売」する感じになります。

現時点では、
「改札タブの全3件表示&報告 10円=5コイン/カード1回読み込み」
「物販店名の表示&報告 20円=10コイン/カード1回読み込み」
「近くの店を探す 10円=5コイン/1回」
「SAPICAやmanacaのポイント併記 10円=5コイン/カード1回読み込み」
「manaca独自情報タブの表示 20円=10コイン/カード1回読み込み」

などを考えており、価格については様子を見ながら随時見直しますが、いずれ、このような基本無料+広告で追加機能、という仕様でどれほどの収入レベルが維持できるのか、どの程度のペースで広告からプレミアムサービス購入に移っていくのか、などを検証していきたいと考えています。

2019/03/12(火)15:24 |Comments(0) |Trackback(0)

製造開発 | ソフトウェア開発 | コンピュータ | [編集]

▲ページトップ

コメント

コメントの投稿

ICカードこれひとつの完全有料化案 ホーム GooglePlayアプリ内課金の処理が完成しました
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

miraicorp

Author:miraicorp
未来情報産業(株) 社長

主として「ICカードこれひとつ」や「文字、文字コード」処理、時々C++などについて記述しています。

twitterマストドン

管理用

検索フォーム

お知らせ

コメント等お気軽にどうぞ。

気に入ったら拍手して頂けると、今後の記事を書く際の参考や励みになります。

■お仕事を募集しております
ソフトウェア製造の仕事や、原稿執筆の仕事などを随時受け付けております。
お気軽にご相談下さい

■初めての方へ
こまごまと更新しているため、他にも関連する記事があるかもしれません。
「月別アーカイブ」「検索フォーム」「カテゴリ」などをお試し下さい。
トップページはこちら

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

広告枠

メール

メールはこちら

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR