ICカードこれひとつ iOS版開発準備の進捗

(前準備) Kotlin化完了のお知らせ


ICカードこれひとつ iOS版開発に向けて」で書きましたように、現在はiOSに移植するための準備をAndroid版で鋭意進めているところです。

このアプリはAndroid用アプリですので、当然ですがJavaで書かれていました。
iOSではSwiftというプログラミング言語を使いますが、Javaとは仕様・概念が大きく異なるため、Javaから直にSwiftに移植することは非常に困難です。
そこで、Swiftに似せて設計されたと思われるAndroid用のプログラミング言語Kotlinへの移植を進めました。

このたび、ICカードこれひとつを構成する120ファイル以上、総計約10万行になるソースファイル全てをJavaからKotlinに移植成功しました。
数々の大きな設計変更を伴いましたが、ある程度動作しており、鋭意不具合の修正作業を実施しております。

iOS版に向けた作業の進捗は、予想以上に順調となっております。

今後の残作業


当面はKotlin版の安定動作に努めます。

Kotlin化したことで、想定外の部分でNullPointerExceptionいわゆるぬるぽでアプリが異常終了する等、アプリ内にある潜在的なバグは激減したと思います。ただ移植したばかりで、動作検証は進めておりますが意図せぬ不具合が混入している可能性が高いですから、今後は機能追加なども含めて、鋭意メンテナンスしながら問題を洗い出し、安定性を高めてゆきます。

本バージョンは近日中にベータ版として配信し、多くの環境、条件で問題なく動作することを確認してから正式配信する予定です。

iOSアプリ開発開始予定


Kotlin版がある程度安定した頃、iOS用アプリ開発の環境も弊社内に整えて行きたいと考えています。
アプリ開発に支障がない程度の性能を有した税込10万円未満(※1)の中古のMacBook、およびSIMは不要なので安価な中古のiPhone7を入手し、プログラミングを開始する予定です。
(※1)10万円以上になると固定資産になり減価償却が面倒なため

ちなみに、Kotlinにしたからといって、それを単純にSwiftに変換すれば動くわけではありません。
AndroidとiOSは全く異なるOSでありプログラムの作り方も全く違うわけですから、基本的には0から完全に新規に作ることになります。
OS動作に関わらないところは基本的に同じですから、そういった部分はKotlin版を参考にSwiftで作り込んでいけば、同様に動作するものができるだろう、と期待をしているところです。

2019/07/14(日)15:44 |Comments(0) |Trackback(0)

製造開発 | ソフトウェア開発 | コンピュータ | [編集]

▲ページトップ

コメント

コメントの投稿

ホーム ICカードこれひとつ iOS版開発に向けて
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
▲ページトップ

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

miraicorp

Author:miraicorp
未来情報産業(株) 社長

主として「ICカードこれひとつ」や「文字、文字コード」処理、時々C++などについて記述しています。

twitterマストドン

管理用

検索フォーム

お知らせ

コメント等お気軽にどうぞ。

気に入ったら拍手して頂けると、今後の記事を書く際の参考や励みになります。

■お仕事を募集しております
ソフトウェア製造の仕事や、原稿執筆の仕事などを随時受け付けております。
お気軽にご相談下さい

■初めての方へ
こまごまと更新しているため、他にも関連する記事があるかもしれません。
「月別アーカイブ」「検索フォーム」「カテゴリ」などをお試し下さい。
トップページはこちら

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

広告枠

メール

メールはこちら

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR