ICカードこれひとつ「1日券」の検討

はじめに


ICカードこれひとつは、ICカードを読み取って表示する、情報を活用する、それだけしか機能を持たないながら超高性能を目指す尖ったアプリです。

無料では実現できない価値、ただそれも高級品や業務用品などではなく、一般の方の日常生活をちょっと良くするちょっとしたサービスをちょっとした価格で、提供することを目指してサービスしています。
そんなこのアプリは、毎日でも使えるように考えていて、交通だけでなく物販機能にも力を入れています。

しかし、他のフリーアプリを使っている方には、「月に1回しか使わないので金は払えない」と主張する方がおられます。
残高を表示するだけならそうかもしれませんが、ICカードを読み取ってできることはそれだけではないのです。
もうちょっと良いことができる。そんな性能とサービスを使わずにいることはもったいないことですが、実際に使ってみないと分からないでしょうから、敷居が高い月極ではなく、1日券の機能を付けることを想定しています。

想定


ICカードこれひとつをPlayストアから300円でお求めいただいたあと、アプリ内課金で「1日券」を購入してもらいます。
想定価格は特急券相当の機能を24時間で100円程度です。

1日券はPlayストアで販売できる「消費型アイテム」として販売し、一度に購入できるのは1枚だけで、複数のストックはできません。
購入後、アプリで使用すると消費し、そのタイミングから24時間、月極特急券と同等のサービスを利用できることが想定されています。

アプリ起動時にPlayストアを確認します。

未使用の切符があればダイアログ表示し使うかどうかを確認する予定です。ボタンは3つ、「使う」「今は使わない」「この画面を表示しない」
表示しないにした場合は、従来通りライセンスの画面を開くと切符が表示されるので、ここから使用できる、というユーザーインターフェイスを考えております。

未使用の切符がなければ(これは従来からの未課金ユーザー含む)、やはりダイアログ表示し、購入するかどうかを尋ねるようにします。ボタンは2つ、「購入」「あとで」
「あとで」を選択した場合は、数回アプリを起動後に再表示します。

そういう課金方法なら一度は使ってみよう、という方が多くおられましたら開発を急ぎたいと思っています。

▲ページトップ

ICカードこれひとつ 続・物販報告ローカル保存と再表示

←前

既存項目の修正報告


前回の今後の課題に書いた3番
③登録済み内容の修正や更新をした場合は、報告と元の情報で同じ店名が二つ表示されてしまう。やむを得ない仕様として許して貰えるかどうか

ですが、一言で言うと、許して貰えませんでした。

新規の報告ではなく、間違って登録された内容を修正する報告の場合、既存の内容からの変更点を表示して欲しいというご要望があり、難産しましたが概ね実現をしました。

店名の英名を試しに修正するのを忘れましたが、こんな感じで表示されます。
buppan5.png buppan6.png

アプリ内の店名データベース(以下DB)から読み取った店名と、報告内容を合わせて表示しますが、報告内容と一致する登録済み内容は表示しないことが求められました。これをどう実現するのか?が今回のお題です。

必要な機能


物販報告のローカル保存と表示機能では、次の機能が期待される。
①修正報告すると、報告元は履歴から一旦消える(代わりに報告した内容が表示される)
②アプリ更新で報告内容が反映された時には表示が復活しなければならない(報告した内容は相変わらず表示されるが、自動削除機能があった方がいいのかは不明)

実現方法


いろいろ模索しましたが、最終的に次のような動作になりました。

①修正は、何度再報告しても修正元(元々DBに登録されている内容)を保持する
②表示のさい、修正報告で保持する修正元と完全一致する登録済み項目は非表示とする
③修正が反映され、何かしら変更された場合は、この②で完全一致しなくなるので再表示となる
④最終利用日含め、何も変更がない報告をしてしまった場合は、手動でローカル保存情報を消すか、内容を追記する等して再報告し、それが反映されるまでは再表示されない

変化したかどうかの比較は、変更できる全ての項目に加えて、入力項目がない「利用日」も比較します。
DBでは報告があった中で最も新しい利用日を最終利用日として登録していますので、これが変化したかどうかも合わせて比較することで、DB登録の内容と、利用日のみが違っている「内容は何も変わっていないことを証明する報告」があっても、反映後はつつがなく再表示されるようになります。

弊社が登録した内容はユーザー報告側ではなく再表示された項目を見ていただくことになり、それを見て満足であれば報告情報は手動削除していただければ良いかと思います。
(報告内容と実際の登録内容を比較するような機能はありません。今のところ付ける予定もありません)

スケジュール


これは数日中に、安定版年内最終版リリース後、オープンベータテスト版としてリリース予定です。
年明け、概ね問題なさそうと判断したところで安定版としてリリースする予定です。
ご興味の方は、テスターを募集していますのでGooglePlayのテスター申し込みページから申し込んでテスターになって下さい。ベータ版がリリースされた際、GooglePlayからご利用の端末にもアプリが配信されます。テスターはいつでも辞めることができます。
ベータ版で何か誤作動等ありましたらマストドンまたはアプリ内蔵の報告機能から報告いただければ幸いです。

▲ページトップ

ICカードこれひとつ 物販報告のローカル保存と表示機能

物販機能について


「ICカードこれひとつ」物販店舗の報告と表示機能
Suicaなど9カードとWAONで利用できる、他のアプリにはない強力な機能です。

弊社でも少しずつ調査はしていますが、登録内容の大半(というよりはほぼ全量)は、報告によっています。
その報告は、完全匿名で送信されるため、誰が送ったかは分からないようになっています。
ただ傾向から、どうやら数名の限られた方が熱心なようだ、ということは感じています。
一度に大量の調査をして、それを一気に報告される方が多いようで、時々、同じ項目から誤って二度報告するような事故があるため、アプリ側の仕様の改善が求められてきていました。

解決


ということで、時間をみながら対策のための処理を作って参りました。
けっこう時間が掛かりましたが、何とかお見せできる程度にはなったので、ここで紹介します。

まずは報告前
buppan1.png

報告後は、報告内容が一番先頭に出ます。目印として、暫定的に📨を表示していますが、よりよいものがあれば変更する予定です。
仕様上、画面更新が発生するため、スクロール位置は一番上に戻ってしまいます。これは地味に不便なので、改善方法については鋭意研究中です。
buppan2.png

ロングタップ(長押し)でも登録済み店舗と同様に扱えます。
buppan3.png
報告したものを選び、更なる修正報告も可能です。この時は上書きでローカル保存され、その項目に対する報告の表示は最新の1件のみとなります。
ちなみに「カードID(IDm)」と、履歴の「シリアル番号」で区別していますので、同じ店、同じレジで別のカードを使った場合、報告済み内容は表示されません。

詳細情報画面では、先頭に削除ボタンがあり、報告したものであることが一目で分かるようになっています。
ボタンを押せば、ローカルに保存されたものが消えます。
buppan4.png

今後の課題


まだ試作でテスト不十分ですが、今後の課題はこんなところでしょうか。
①機能のON/OFFをできるようにする(標準はOFFにするのが安全か)
②まとめて全部削除ボタンも必要だが、どこに付けるのか?
③登録済み内容の修正や更新をした場合は、報告と元の情報で同じ店名が二つ表示されてしまう。やむを得ない仕様として許して貰えるかどうか

といったあたりです。

それなりに動いているように見えるので、この機能すぐ欲しい!という方が多ければ、調整を急ぎ、年内最終バージョンまでに入れようかと思っています。どうでしょうか。

▲ページトップ

三重大学キャンパスペイMyicaPay(マイカペイ)の研究

アプリについて


全国の ICカード これひとつ」は、電子マネー対応機能の一環として、「大学生協電子マネー」にも対応しています。

ICカード これひとつは、

「ICを読み取り表示する」
「駅やバス停などの交通に関する情報提供」
「『近くの店を探す』などのIC式電子マネーに関する物販店舗の情報提供」

という機能に特化し、それ以外の機能はほぼ何も搭載していないアプリです。
残高を読むだけなら月に1回も使えば充分かもしれませんが、それではアプリを使う側も、作る側も、面白くありません。

そこでこのアプリは、毎日でも使っていただけるアプリを目指し、ほぼ万能の性能とサービスを求め、多くの方からの支援をいただきながら日々改良を続けております。

大学生協電子マネーについて


さて本題ですが、FCFキャンパスカードとされる全国共通仕様の大学生協電子マネーであれば、特に新規対応しなくても表示は可能になっています(仕様は共通でも、その電子マネー自体はその大学内のみしか利用できません)。

いろいろな大学でICカード式学生証があり、このアプリでも対応していますが(後述)、三重大学にも「キャンパスペイMyicaPay(マイカペイ)」という電子マネーがあることが分かりました。
http://www.mucoop.jp/center/

もしかすると既に表示できるのかもしれませんが、まだ報告がないため詳細は不明です。
この電子マネーにご興味の学生様または職員様がおられましたら、ICカードこれひとつのダンプツール機能で情報提供をいただければ幸いです。

補足


本日までに公開されているアプリでは、以下の大学の学生証等の電子マネー履歴などが表示できます (本部所在地の自治体コード順)

01208 北見工業大学
17201 金沢大学
21201 岐阜大学
22102 静岡大学
23101 名古屋大学(Meica)
26102 同志社大学
26103 京都大学
26104 立命館大学
27205 大阪大学
27205 関西大学
31201 鳥取大学
32201 島根大学
33101 岡山大学(momoca)
34212 広島大学
39201 高知大学

および、大学生協電子マネー (FCFキャンパス)対応のもの

最新の情報は、ICカードこれひとつの公式サイトをご覧ください。

今回のブログのお題は三重大学ですが、それ以外の大学でも、電子マネー対応があれば随時報告をいただければ随時対応を強化してまいりますので、この機会に「ICカードこれひとつ」に興味を持っていただき、ご愛用をいただければ幸いです。

▲ページトップ

伊予鉄「い〜カードゴールド」の研究

伊予鉄のオートチャージ対応ICい〜カード「い〜カードゴールド(オートチャージ機能付)」
https://www.iyotetsu.co.jp/e-card/autocharge/

このカードの情報提供があり、どうやら通常の「ICい〜カード」と、この「い〜カードゴールド」は、読み取れる範囲からも区別が可能なようでした。
また、このカードのオートチャージ機能は、

① 1000円切ったら2000円チャージ
② 2000円切ったら5000円チャージ
③ 3000円切ったら10000円チャージ

から設定を選べるそうで、いまは①が報告されています。

今のところは1件のみの報告であり、このため、比較式に情報を判読することができておりませんが、これも設定が読み取れるのではないか?と考えております。

しかし「い〜カードゴールド」入手のためにはクレジットカード「ローズカード」の契約が必要なため弊社だけで調査することは難しく、利用者からの情報提供をいただく必要があります。
そこでもしご興味があれば、ICカードこれひとつから、ダンプツールを用いて「い〜カードゴールド」の情報提供をいただければ幸いです。

解読でき、もし記録があると判明した場合は、オートチャージに関する情報表示機能を搭載できるようになる見込みです。
もしお近くに「い〜カードゴールド」をお持ちの方がおられた場合、調査研究にご協力いただけるよう、お話をしていただければ幸いです。

▲ページトップ

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

miraicorp

Author:miraicorp
未来情報産業(株) 社長

現在は主として「ICカードこれひとつ」、時々C++やKotlinなどについて記述しています。

twitterマストドン

管理用

検索フォーム

お知らせ

コメント等お気軽にどうぞ。

気に入ったら拍手して頂けると、今後の記事を書く際の参考や励みになります。

■お仕事を募集しております
ソフトウェア製造の仕事や、原稿執筆の仕事などは随時受け付けております。
お気軽にご相談下さい

■初めての方へ
こまごまと更新しているため、他にも関連する記事があるかもしれません。
「月別アーカイブ」「検索フォーム」「カテゴリ」などをお試し下さい。
トップページはこちら

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

広告枠

メール

メールはこちら

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

QRコード

QR